トップ >エアーコンプレッサーの導入>コベルコのエアーコンプレッサー

コベルコのエアーコンプレッサー

コベルコのエアーコンプレッサーは、省エネルギー対策を念頭に置き、工場内の消費エネルギーの合理化をはかります。また、高性能ながら操作性にすぐれ、環境への配慮も怠りません。
「Kobelionシリーズ」「Emeraude」は、遠隔監視システム「K-COMET」を導入。万全のサポート体制で、お客さまに安心をお届けします。 また、世界最小のエアーコンプレッサー「SukesanU」は、極小ながらもその機能は他の追随を許しません。
これら秀でた機能を持つコベルコ製品は、日本でもっとも納入実績が高いといわれています。

Emeraude-Aqua(エメロード・アクア)シリーズ

エメロード・アクアシリーズ

環境性能を徹底的に追求した、
次世代型水噴射式オイルフリー+大容量


【特徴】

  • クラスNo.1の高効率を実現
  • ワイドレンジ制御により、最適圧力に応じて最大風量を提供
  • 新型本体の設計による高性能
  • ドライヤドレン循環方式を採用
  • IPM高校率モーターの採用
  • 周囲温度への耐力向上
  • 省メンテナンスをもたらすシンプル構造
  • 充実した電装品保護
  • ドライヤの冷却にR407Cを採用
  • 吸音材の分別廃棄が容易
  • 低騒音化
水噴射式の特製+高効率インバータ制御で、抜群の部分負荷特性を実現

【仕様】

シリーズ 吐出空気量
AG、SG Series 2.3〜12.3m3/min
VX、VS Series 2.3〜12.4m3/min(0.69MPa)・2.6〜15.1m3/min (0.39MPa)
VS MULTI 19.0〜26.2m3/min(0.69〜0.59MPa)

Kobelion(コベライアン)シリーズ

コベライアンシリーズ

業界初、エアーコンプレッサー遠隔監視システム(K-COMET)を採用。
永久磁石インバータモーターを搭載の次世代機種。


【特徴】

  • ビルトインオーバーハング直結構造(IPM高速モータ直結構造)
  • インバータの容量制御範囲を大幅に拡大
  • 新型電子モニタを標準装備
  • 世界最高レベルのクリーンエアを供給
  • 部品点数を抑えたシンプル構造
  • 省メンテナンス
  • 低騒音化
  • 塵埃環境対策
  • 吸音材の分別廃棄が容易
  • 周囲温度耐力の向上
  • メカニカルシール排油自動回収機構を装備
  • 水分除去運転機能を搭載
  • 省メンテナンス(6,000hr/年運転時、オーバーホールは6年ごと)

【仕様】

シリーズ 吐出空気量
EA400AD-VS 3.7〜4.0m3/min
EA650AD-VS 6.2〜6.5m3/min

Emeraude(エメロード)シリーズ

エメロードシリーズ

エアーコンプレッサー遠隔監視システム(K-COMET)を採用。
24時間連続運転が可能でありながら、限りなく無人運転。


【特徴】

  • 2段圧縮構造(全機種に標準装備)
  • 比動力性能にすぐれた2段圧縮機の採用
  • 冷却系統の能力向上、内部配管圧損の低減
  • 静音化
  • 省エネロジックの採用 <特許取得>
  • 周囲温度対策
  • 液晶ディスプレイ採用の新型電子
  • スクロール機構ならではの低騒音・低振動
  • 耐久性と省メンテナンスをもたらすシンプル構造
  • オイルフリー
  • 設置環境に影響されにくい全閉外扇モータ
  • 信頼性を高め、省メンテナンスを図る高性能マイコン基板を採用
  • 省メンテナンス

【仕様】

シリーズ 吐出空気量
Emeraude Series 160〜1640L/min

SukesanU−助さんU−

助さんU

世界最小1.5kWの全自動スクリュコンプレッサ。
耐久性にすぐれ、環境への配慮、シンプルな操作性を実現。限りなくメンテナンスフリー(1年間)。


【特徴】

  • 周囲温度対策
  • 塵埃環境対策
  • 効率性、耐久性
  • 信頼性を高める効率性と耐久性スーパーポータ、スーパールブ、ポリVベルト、全閉外扇モータ
  • ドライヤーの能力強化
  • エアーコンプレッサー内の油漏れ防止
  • 運転音の質、大きさを改善
  • 放気サイレンサに油煙回収機能装備 <特許出願中>
  • ダウンサイジングで多様なレイアウトに対応
  • モニタ機能の充実
  • シンプルな簡単操作
  • 省メンテナンス

【仕様】

商品名 吐出空気量
SukesanU 160〜440L/min

エアーコンプレッサー診断 エアーコンプレッサーコンサルティング事例 エアーコンプレッサー豆知識 エアーコンプレッサーQ&A 空間設計
お問い合わせ